融資とカードローンの違う点は?

消費者金融の審査はほかの審査と比較しても若干審査内容が緩い傾向にあります。なぜ消費者金融の審査は緩い状態でお金を借りることができるのでしょうか。これは、消費者金融に対して適用されている特殊な法律的な規制が影響しています。
消費者金融は特殊で、大きなお金を消費者に対して貸すことができない仕組みになっています。これは、カードローン借り換えに対して適用されている総量規制という限度額に関する規制が働いているからです。総量規制が働いているサービスでは、必ず年収の三分の一の範囲内で事業を行わなくてはならないので、勝手な判断によってその上限を超えるサービスを実施することはできません。そのようなことをしてしまうと消費者金融は法律違反で罪に問われてしまう可能性すら出てきてしまいます。しかし、これは言い換えれば総量規制によって融資の安全性が最初から約束されていることを指し示すことにもつながるのです。
総量規制は年収の三分の一を上限としますので、それ以上のお金を融資にかかわる当事者が望んだとしても提供することができません。必ず一定範囲で融資の契約を締結することになりますので、必要以上に融資の契約に携わる当事者の負担を強いることがないのです。そして、こうした法律的な影響があるおかげでカードローンでは無担保でお金を借りることが可能になっているのです。カードローンは無担保型のサービスが原則ですが、これは法律によって安全性が約束されているからという理由があることを知っておくことです。