血管炎症性疾患について。

当該病気は血管の炎症を特徴とする病気です。当該病気の罹患原因は特定されていませんが特定のウィルスや薬が原因になり得ます。当該病気の症状としては発熱・疲労等の全身的症状が出た後に罹患した器官によって違う症状が起きます。医師が診察して当該病気だと判断する場合には目視や問診だけではなく罹患した部位の生検が必要になります。当該病気の治療薬としてコルチコステロイド薬・その他の免疫系を抑制する薬により症状を軽減させます。当該病気は年齢や性別関係なく罹患する可能性があります。先に述べた通り、当該病気の罹患原因は明らかではありませんが、肝炎ウィルス等のウィルスや薬により当該病気が引き起こされる事が分かっています。この場合には、免疫系が誤って自分の血管を異物と認識して攻撃してしまう事が原因だとされます。免疫系の細胞は時に炎症を起こす場合がありますが、免疫系の細胞は病変部位を取り囲んで取り込んでしまう場合があり(浸潤と言う)、その際に病変部位を傷つけてしまう場合があります。その場合に病変部位が漏れやすくなったり・狭窄したり・詰まったりします。そうなると、血液や栄養の供給が出来なくなり、虚血領域が甚大なダメージを受けてしまい壊死する場合もあります。当該病気は一部分ではなく複数の場所で症状が出る場合がありますし、頭部・全身の皮膚・その他の各身体器官にも症状が出る場合があります。当該病気により虚血領域が出来て甚大なダメージを受けてしまい壊死すると重大な病気になる可能性がありますので血管年齢検査するなど、注意が必要です。