専業主婦でも借り入れ可能なカードローンはどこ?

カードローンには、消費者金融のカードローンと銀行や信用金庫などの金融機関のカードローンがあります。消費者金融の場合は基本的におまとめなどの特別な商品以外は賃金業法の総量規制対象になっているので、年収の1/3以上の借入はできない事になっています。一方で、金融機関の場合は、総量規制対象外になっているので、年収に関わらず申し込みができる事になっています。専業主婦の場合は、年収がないという事になりますから、通常のカードローンでの借り入れを希望するのであれば、銀行か信用金庫などに申し込むのが一般的な選択肢になります。
銀行や信用金庫などの金融機関のカードローンには、専業主婦専用というスタイルで申し込みができるタイプのものと、配偶者に安定した収入があれば、申し込みが可能というタイプのカードローンがあります。どちらのタイプも原則的に配偶者に安定した収入がある事が大前提になるケースが殆どですし、審査の基準も配偶者が申し込む時と大きな違いはありません。専業主婦が申し込みをした場合には多くの金融機関で配偶者の在籍確認はありませんが、配偶者の了解を確認する金融機関も存在しますので、詳細は申し込みの前に確認をする事が重要です。
専業主婦がカードローンの申し込む時には、多くのケースで借り入れ限度額がかなり低く設定される事が多くなっています。配偶者の年収や職業などの属性が例え審査で高いポイントになる場合でも、多くの金融機関で上限を定めています。従って、専業主婦の方が、初めの契約段階で高額の借り入れを希望するのはあまり現実的ではないといえます。詳しい限度額に関しては、各金融機関によって違いがありますので、事前にカードローンの内容をしっかりと把握する事が大切だといえます。