カードローン総量規制対象外の存在の意味

カードローン契約において総量規制と言われているものではない融資のサービスとしては銀行が提供するサービスが該当しています。これは単純に総量規制という法律が貸金業法という法律の1部であることに関係しており、銀行を規制する銀行法とは直接関係がないという事実に関連しています。このことは貸金業法の規制を受ける金融機関においてカードローン等の契約を行うことが難しい人にとっては、契約が可能になる抜け道の1つとしての存在意義があります。銀行においては総量規制が求めている年収の3分の1と言う貸付条件は意識する必要がありません。そのため定期収入がない専業主婦や低収入の人であっても契約することができる可能性があるのです。
しかしながら専業主婦や低所得者であっても銀行であればカードローンを契約が可能であると言うことを意味しているのではありません。あくまでも貸金業法における総量規制の対象外であると言うことを意味しているのにすぎず、銀行の契約の方が簡単であるというわけでは無いのです。銀行では元々大きな融資を行う事業が存在していますので、年収に基づく貸付条件が存在していないだけなのです。何らかの融資を行う場合には詳細な調査を行うのが基本です。したがって専業主婦や低所得者の場合にも銀行法に基づいた調査を行い返済能力があると認められて初めて契約が可能になるのです。このような仕組みであることを理解した上で総量規制対象外のサービスであるということを理解しておく必要があります。