専業主婦でも借り入れ可能なカードローンはどこ?

カードローンには、消費者金融のカードローンと銀行や信用金庫などの金融機関のカードローンがあります。消費者金融の場合は基本的におまとめなどの特別な商品以外は賃金業法の総量規制対象になっているので、年収の1/3以上の借入はできない事になっています。一方で、金融機関の場合は、総量規制対象外になっているので、年収に関わらず申し込みができる事になっています。専業主婦の場合は、年収がないという事になりますから、通常のカードローンでの借り入れを希望するのであれば、銀行か信用金庫などに申し込むのが一般的な選択肢になります。
銀行や信用金庫などの金融機関のカードローンには、専業主婦専用というスタイルで申し込みができるタイプのものと、配偶者に安定した収入があれば、申し込みが可能というタイプのカードローンがあります。どちらのタイプも原則的に配偶者に安定した収入がある事が大前提になるケースが殆どですし、審査の基準も配偶者が申し込む時と大きな違いはありません。専業主婦が申し込みをした場合には多くの金融機関で配偶者の在籍確認はありませんが、配偶者の了解を確認する金融機関も存在しますので、詳細は申し込みの前に確認をする事が重要です。
専業主婦がカードローンの申し込む時には、多くのケースで借り入れ限度額がかなり低く設定される事が多くなっています。配偶者の年収や職業などの属性が例え審査で高いポイントになる場合でも、多くの金融機関で上限を定めています。従って、専業主婦の方が、初めの契約段階で高額の借り入れを希望するのはあまり現実的ではないといえます。詳しい限度額に関しては、各金融機関によって違いがありますので、事前にカードローンの内容をしっかりと把握する事が大切だといえます。

血管炎症性疾患について。

当該病気は血管の炎症を特徴とする病気です。当該病気の罹患原因は特定されていませんが特定のウィルスや薬が原因になり得ます。当該病気の症状としては発熱・疲労等の全身的症状が出た後に罹患した器官によって違う症状が起きます。医師が診察して当該病気だと判断する場合には目視や問診だけではなく罹患した部位の生検が必要になります。当該病気の治療薬としてコルチコステロイド薬・その他の免疫系を抑制する薬により症状を軽減させます。当該病気は年齢や性別関係なく罹患する可能性があります。先に述べた通り、当該病気の罹患原因は明らかではありませんが、肝炎ウィルス等のウィルスや薬により当該病気が引き起こされる事が分かっています。この場合には、免疫系が誤って自分の血管を異物と認識して攻撃してしまう事が原因だとされます。免疫系の細胞は時に炎症を起こす場合がありますが、免疫系の細胞は病変部位を取り囲んで取り込んでしまう場合があり(浸潤と言う)、その際に病変部位を傷つけてしまう場合があります。その場合に病変部位が漏れやすくなったり・狭窄したり・詰まったりします。そうなると、血液や栄養の供給が出来なくなり、虚血領域が甚大なダメージを受けてしまい壊死する場合もあります。当該病気は一部分ではなく複数の場所で症状が出る場合がありますし、頭部・全身の皮膚・その他の各身体器官にも症状が出る場合があります。当該病気により虚血領域が出来て甚大なダメージを受けてしまい壊死すると重大な病気になる可能性がありますので血管年齢検査するなど、注意が必要です。

アイフルと三菱東京ufj銀行カードローンの関係とは

2010年の改正貸金業法以降、大手消費者金融会社のほとんどが、銀行に買収されたり、銀行グループの子会社となりました。そんな中で、どこの銀行の支援も受けずに、独立系を貫いたのが消費者金融大手のアイフルです。アイフルといえば、サラ金時代全盛期には、チワワのCMで一世を風靡するほどの隆盛を誇っていましたが、貸金業法の改正以降は資金難に苦労することになります。
現在のアイフルは、同様に、いずれの銀行の傘下に入ることなく、独立系の大手消費者金融として頑張っています。従って、メガバンクの三菱東京ufj銀行との資本関係などはありません。三菱東京ufj銀行は、グループ傘下に他の大手消費者金融業者があり、三菱東京ufj銀行カードローンのバンクイックの保証会社を担当しています。
それでは、アイフルと三菱東京ufj銀行には何の関係もないのでしょうか。実は、アイフルでは、アイフルATM以外にも利用できる提携先のATMがありますが、三菱東京ufj銀行のATMも提携先ATMとなっており利用することができます。このATMコーナーは、原則、7:00~24:00まで営業していますので非常に便利です。消費者金融の店舗は、入りにくいケースも多々ありますが、天下のメガバンクのATMコーナーであれば、周囲を気にすることなく利用することができます。
他にも、アイフルの提携先ATMには、コンビニ各社のATMなどが利用できますが、それらの中でも三菱東京ufj銀行のATMは大変利用しやすいものの一つとなります。

融資とカードローンの違う点は?

消費者金融の審査はほかの審査と比較しても若干審査内容が緩い傾向にあります。なぜ消費者金融の審査は緩い状態でお金を借りることができるのでしょうか。これは、消費者金融に対して適用されている特殊な法律的な規制が影響しています。
消費者金融は特殊で、大きなお金を消費者に対して貸すことができない仕組みになっています。これは、カードローン借り換えに対して適用されている総量規制という限度額に関する規制が働いているからです。総量規制が働いているサービスでは、必ず年収の三分の一の範囲内で事業を行わなくてはならないので、勝手な判断によってその上限を超えるサービスを実施することはできません。そのようなことをしてしまうと消費者金融は法律違反で罪に問われてしまう可能性すら出てきてしまいます。しかし、これは言い換えれば総量規制によって融資の安全性が最初から約束されていることを指し示すことにもつながるのです。
総量規制は年収の三分の一を上限としますので、それ以上のお金を融資にかかわる当事者が望んだとしても提供することができません。必ず一定範囲で融資の契約を締結することになりますので、必要以上に融資の契約に携わる当事者の負担を強いることがないのです。そして、こうした法律的な影響があるおかげでカードローンでは無担保でお金を借りることが可能になっているのです。カードローンは無担保型のサービスが原則ですが、これは法律によって安全性が約束されているからという理由があることを知っておくことです。

カードローン総量規制対象外の存在の意味

カードローン契約において総量規制と言われているものではない融資のサービスとしては銀行が提供するサービスが該当しています。これは単純に総量規制という法律が貸金業法という法律の1部であることに関係しており、銀行を規制する銀行法とは直接関係がないという事実に関連しています。このことは貸金業法の規制を受ける金融機関においてカードローン等の契約を行うことが難しい人にとっては、契約が可能になる抜け道の1つとしての存在意義があります。銀行においては総量規制が求めている年収の3分の1と言う貸付条件は意識する必要がありません。そのため定期収入がない専業主婦や低収入の人であっても契約することができる可能性があるのです。
しかしながら専業主婦や低所得者であっても銀行であればカードローンを契約が可能であると言うことを意味しているのではありません。あくまでも貸金業法における総量規制の対象外であると言うことを意味しているのにすぎず、銀行の契約の方が簡単であるというわけでは無いのです。銀行では元々大きな融資を行う事業が存在していますので、年収に基づく貸付条件が存在していないだけなのです。何らかの融資を行う場合には詳細な調査を行うのが基本です。したがって専業主婦や低所得者の場合にも銀行法に基づいた調査を行い返済能力があると認められて初めて契約が可能になるのです。このような仕組みであることを理解した上で総量規制対象外のサービスであるということを理解しておく必要があります。